全身脱毛の自己処理ってどの程度するべきですか

自己処理

全身脱毛の施術を受ける前には、自己処理でシェービングを行っておく必要があります。
肌に特殊な光をあてて脱毛をしていきますが、その時に肌の表面に黒いものがあれば光が反応してやけどをしてしまう恐れがあるのです。
もしも剃り残しがあればそこに光を照射することができないので、その日の施術を受けることができないということになってしまいますが、店舗によってはシェービングが行われているので順調に施術を受けることができます。
けれども、シェービングは有料という店舗も多いので、これ以上脱毛の予算を増やさないためにも自己処理をしっかりとしておく必要があります

 

自己処理でのムダ毛処理は、除毛で行うことが重要です。
脱毛施術では毛根を残しておく必要があるので、毛抜きやワックス剤で引き抜くことをすれば施術を受ける意味がなくなってしまいます。
除毛処理は、施術を受ける前日もしくは前々日には済ませておくようにします。
施術を受けるその日に除毛してしまえば、まだ肌表面が剃ったことによってデリケートな状態にもなっているので、光の照射によって肌トラブルが発生する可能性が高くなります。
全身脱毛では、一回に全身の処理をしてくれる店舗もあれば体の1/4や1/2など分けて行われることもあるので、必要な部位の処理は忘れずに行うようにします。
背中など剃りにくい部分では、剃り残しがないように力を入れてしまう人もいるかもしれません。けれども、それによって肌が傷ついた場合には脱毛施術を受けることができなくなってしまいます。
肌に負担をかけない程度で行い、剃り残しがあればスタッフにシェービングをお任せするというのも賢明な方法です。

 

 

毛抜きで自己処理は今すぐやめた方がいいですよ

毛抜きでのムダ毛の自己処理は手軽で良いというメリットがある反面、デメリットも生じます。
デメリットとしては、毛穴に大きな負担がかかる、抜いてもまた新たなムダ毛が生えてくる、埋もれ毛ができる、毛穴が目立ってしまう、長期的に続けることで色素沈着を起こしてしまうなどがあります。
ですので今すぐやめた方がよいでしょう。しかし、ムダ毛の処理をしないというわけにはいきません。そこでおすすめなのがフラッシュ脱毛専門の美容脱毛サロンでのムダ毛のお手入れを利用するという方法です。
フラッシュ脱毛は今最も人気がある脱毛方法で利用者も年々増えてきています。その人気の理由としては、ライトを当てるだけなのでとても素早い、痛くない、熱くない、肌や毛穴への負担が少ない、料金が安い、サロンの店舗数が多いので利用しやすいなどがあります。
誰でも手軽に利用し始めることができるという敷居の低さが魅力です。一昔前までの主流だったレーザー脱毛やニードル脱毛とは全く性質が異なります。フラッシュ脱毛は2〜3か月に1回くらいのペースで施術を受け、10〜15回程度でお手入れが完了します。
ですので、お手入れ期間はだいたい2年程度です。
お手入れが完了すればもう二度とムダ毛は生えてこなくなりますので面倒な毛抜きによる自己処理からも解放され、自己処理による肌トラブルも解消されます。ムダ毛が生えてこなくなると毛穴も目立たなくなり、スベスベで美しい肌をゲットすることができます。

全身脱毛するときVIOは自己処理しておかないとダメですか?

自己処理

全身脱毛を受ける際には、どの部位であっても施術を受ける部分のムダ毛は自分で除毛処理をしておく必要があります。
VIOの場合、Vラインは自分で直接見て処理することができても、IラインやOラインになれば鏡がないと処理をするにも見ることができません。凹凸が多い部分でもあるので処理が大変な部分でもあり、デリケートな部分でもあるのでもしもカミソリの刃で肌を傷つけてしまうことを考えると、プロのスタッフにシェービングをお願いしたい気持ちを持っている人もいるかもしれません。けれども、スタッフによるシェービングサービスも剃り残しの部分に対しては処理してもらうことができても、全く処理しないことはルール違反にもなってしまいます。
VIOラインのシェービング料金は店舗によっても違ってきますが、他の部位と違って割増料金になっているという店舗もあります。また、シェービングサービスが行われていても、そもそもVIOラインは有料でもやってもらえないという店舗もあります。そうなれば、その日の脱毛施術を受けることができなくなってしまうので、脱毛完了までがさらに遠のいてしまいます。
VIOラインの自己処理は、電気シェーバーを用意しておくといいでしょう。カミソリの刃が直接肌に触れないように作られているので、肌を傷つけてしまう心配もありません。IラインやOラインでは、床に大きめの鏡を置き、鏡を見ながらゆっくりと剃っていくといいでしょう。